PR

ホイッスル(笛)-災害時に自分の居場所を知らせる whistle

備える
スポンサーリンク

災害時にどこかの場所に閉じ込められてしまったときに助けを求めたり自分の居場所や生存を知らせるために役立つのがホイッスル(笛)だ。

A whistle can be used to tell where you are when you can’t get out of somewhere.

助けもとめるのに声を出し続けていると体力を消耗させてしまう。
If you keep calling out to ask for help, your physical strength will be exhausted.

そこで効率よく大きな音を出すことができるのがホイッスルを使って音を立てる方法なのだ。ホイッスルの音は高い音階なので遠くまで響く。外にいる人たちに自分のことを知らせるのには好都合だ。
You can use a whistle to make a sound and let someone outside know where you are.

上の写真はほどくとロープになるブレスレット。このバックル部分にホイッスルがついている。不測の事態に使えるロープとホイッスルを合わせた商品。

このように災害対応の備品としてキーホルダータイプで携帯ができるホイッスルがいろいろ作られている。単純にスポーツの合図などで使用するホイッスルをキーホルダーにつけておくだけでもいい。またこれらは100円ショップで購入ができる。
In Japan, there are products that can always carry a whistle that can be used during a disaster. These can be purchased at 100-yen shops in Japan.

ホイッスルは遭難時に役立つ。日常持ち歩くカバンなどに常備携帯しておきたい一品だ。
It is advisable to carry a whistle in case of a disaster in Japan.